ブログでルームツアー│ついに自宅が完成したよ!

ついに!自宅(あおぞら不動産モデルハウスとして開放)が完成しました~!

正確には、今年の初めには完成していたわけですが、やっと動画編集してYoutube投稿まで終わったので、晴れてルームツアーをブログ投稿することにしました!

▼動画Verはこちら!


▼関連記事はこちら!


建物概要

間取り

28.55坪の標準より少し小さめの3LDKの平屋で、お庭リビング、ロフト、リビングの吹き抜け、大きなウォークインクローゼット、書斎など小さな箱ながら沢山の魅力的な間が敷き詰められている。

建物性能と仕様

◎エアコン一台で全館冷暖房出来る高耐震の家
・延床面積:28.55坪(94.40㎡)
・構造:平屋の在来パネル工法
・耐震:耐震等級3
・気密:C値0.1※工事中の測定値
・断熱:Ua値0.28
◦サッシ:ほぼAPW430
◦天井断熱:アクアフォーム吹付 300mm
◦壁断熱:アクアフォーム吹付 85mm
◦壁外断熱(付加):スタイロエースⅡ 50mm
◦床断熱:スタイロエースⅡ 90mm

ルームツアースタート。

外観

王道の南欧カフェ風住宅。予想パース通りに完成しました。
(※スライダーを左右にタップすると画像比較できます。)

メイン色はホワイトで、アクセントでサッシ周り、軒先や瓦などはブラウンを入れています。

 配色の基本である「2~3色にまとめる」をすることにより、下手な失敗はないようになってます(笑)

シンプルな切妻屋根にカパラスKS40の混ぜ葺き瓦が可愛い^^

お庭リビング

可愛い目隠しフェンスに対して、門扉がダサすぎたのでちょっぴり後悔。枕木支柱の裏には、宅配ポストを隠しています。

門扉を開けると、通称、第二のリビングである「お庭リビング」に入ります。
半分クローズド外構でして、ここからが「家」のような扱いになっていますね。

3m超えのオリーブをリビングから眺められるように配置しています。
目隠しで外から中が見え辛いので、最高です!

ポーチも入れると奥行3m×幅6mくらいの空間なんですが、頑張れば子供プール、バーベキューもできる空間です。

天然芝も植えているので、管理できる広さとしても丁度良いなぁと満足してます。

▼関連記事


幅2.6mの大きなサッシ(窓)に可愛いアーチ型の玄関ドア。

玄関

玄関はまぁまぁ広めに計画。無駄空間でもあるけど、広いとやっぱり気持ちにゆとりが出るなぁと。


▼関連記事


入ってすぐのところに、小さいですが手洗い器を設けました。
高さは大人も子供も使える高さにしています。

3歳の息子も帰ったら手を洗うという習慣がしっかり付いたので、本当に付けてよかったなと思います。

シューズクローク

アーチの垂れ壁を潜ると、シューズクロークがあります。
1365mm×1820mmの決して大きくないシューズクローク。

可動棚の幅1.2mが9段あります。
家族4人の靴がこの棚に収まるような物量を心がけています。
最近、少しはみだし気味なので、断捨離が必要です(笑)

書斎

シューズクロークを抜けると書斎です。

好きな雑貨や趣味のカメラなどを気ままに飾ってはたまに見てニヤニヤしています。

たまにパソコンでちょっと仕事したり、ゲームしたりしますね。
最高の籠り部屋ですよ。

リビング

お次は、玄関ホールからリビングに入ります。

玄関ホールから見ると、この無駄に豪華な親子(もはや親親)ドアを開けて入ります。

入ってすぐに広がる光景。
大きな化粧梁にブラウンで落ち着いた色合いのお部屋です。

元々、普通の平天井で予定していたのですが、せっかくのモデルハウスとして公開するので、ちょっと格好よく、吹き抜け+ロフトにしました。

半端ない解放感がある代わりに、冷暖房効率は最悪になるので、断熱(保温)性能は北海道の最高レベルクラスの性能まで引き上げました。

よく、Instagramで書斎はエアコン付けますか?という質問が飛んできますが、
エアコン一台で全館冷暖房できる断熱(保温)性能があるため、書斎にはエアコン不要です。

リビングにあるエアコン一台で過ごしています。

しかし、ドアを開けておくとうまく空気が回らないので、基本ドア開けっぱなしですね。

中から見る外の景色も最高です。
3m級のオリーブが華やかに着飾ってくれています。

自邸は南側に道路があるので、たまに人が通るわけですが、
目隠しフェンスのおかげで全然気にならないので、結構お金掛かりましたが、とても満足していますね。

夜はとても良い雰囲気が作れる照明計画にしています^^

夜に目が冴えるのが嫌なので、夜になると暗めにしてます。

キッチンはいつも通りのもはや定番テイストですね。
モールディング装飾壁のグレーは自分で塗装しました~^^

キッチンの換気扇部分は壁無しにしてオープンな換気扇にしてもよかったんですが、冷蔵庫を隠すために壁つくっちゃいました。

うちはダイニングテーブルを置かないので、画像のようにハンモックなんか置いてもゆったりとしたスペースになってます^^

ロフトの下のリビングの天井(グレーの部分)はモルタルで仕上げました。
ライティングレールも四角形に組んで、スポットライト。これかっこいいよなぁ。

キッチン

キッチンの床は水に強いモルタル調のフロアタイルで仕上げました。
全体的に寒色で統一してますかね。

キッチン横にはお決まりのアーチを潜ってのパントリー。

キッチンはtotoミッテのほぼド標準品です。

水栓をチョット良いものにして、浄水器付けて、食洗器をフロントオープン型に変更したくらいですかね。

パントリー

パントリーは幅1365mm×奥行1820mmです。
妻が好きな雑貨類とメインの食器類を可動式の棚に置いてます。

キッチン裏にも食器棚がありますが、こちらの食器棚でほぼ完結しちゃっているので、食器棚のほうは結構スカスカです(笑)

トイレットペーパーとかティッシュとかのストック類を置いてますかね。
見せると格好よくないので^^!

洗面所

4帖サイズもある広々とした洗面所です。
うちは息子2人なので、最近流行りの洗面脱衣別にはしませんでした。

大きな洗面所があるおかげで、勝手口ドアをここに隠すことができました。

造作洗面化粧台のミラーがホテルチックでカッコ良いですよね~!
ミラーに映る照明がとても好きです。

洗面所には、ガス乾燥機の乾太くんも導入しました。
控えめに言って、乾太くんは最高ですよ!
これは後々の記事であげていきたいなぁ。

ウォークインクローゼット

4.5帖サイズもあるウォークインクローゼット。
洗面所に隣接しているので、洗濯機と乾太くん回して、ここに収納するだけの最強家事動線。

右側は僕のスペースで、左側が妻のスペースで分けています。
ウォークインクローゼットは通路分、無駄スペースが多いんですが、長年の夢だったので、寝室を4.5帖にして小さくしてでも、このスペースを確保しちゃいました(笑)

こういうお気に入りの部分を予算の中で造ることは住まいづくりをする上で重要だと考えます。

リビング上のロフト

通常、リビングにロフトがある場合はリビングに階段があるか、梯子があるかだと思いますが、不思議なことに自邸には何も昇降設備がありません。

ロフトに秘密基地感を出したかったので、リビング横のウォークインクローゼットに梯子を仕込みました^^!

リビング横のウォークインクローゼットから梯子で昇るようになっているのです!

ロフトの主な使用用途としては、季節物(クリスマスツリーなど)やたまにしか使わないアルバム類などの収納、漫画類の収納です。

サブ用途として、籠り部屋として、たま~にマンガをゆったり読んだり、昼寝したりしています。

案外、あまり使わないアルバム類とか子供とかの思い出の品って嵩張るので、この部屋はかなり重宝してますね。

梯子の登り降りは少し危険なので、それはしっかり子供には躾けてます。

ロフトからの眺めも最高ですよ。

お風呂上りにロフト上がりでマンガ読みながら、リビングにいる子供の顔が見えるのが良いですねぇ。

トイレ

トイレは壁、天井をモルタルで仕上げました。
かなり独特な空間に^^!

あえて照明は端っこの角に裸電球一本垂らし!これがまたいいのよ~。

窓は開かない窓(FIX窓)を高い位置に設置。
トイレの窓問題。これについても後々記事化しよう(笑)

洋室(子供部屋)

9帖の洋室です。将来的にはドアとドアの真ん中に間仕切り壁を作って、4.5帖と4.5帖の部屋にする予定。

今のところ、子供部屋としてオープンなスペースで使用しています。
子供のお友達が遊びに来た時など、重宝していますね。

それぞれに1帖サイズのクローゼットがついています。
あえて折れ戸と付けずにロールスクリーンを付けました。

基本的にはロールスクリーンを下げずにオープンにしておくことになります。
そうすることで、本当に必要な荷物だけ持ち、整理整頓も出来る力が身に付くといいなぁという願いがこもってます(笑)

現状、オープンなスペースとして、本棚とかもどっさり置いちゃってます(笑)
さすがに小さな子供がいると、常に綺麗にしておくのは大変だ!

寝室

最後に、4.5帖の寝室です。

本当は映えないのであまり見せたくないスペースですが(笑)
少しは参考になると思うので、思い切って載せます。

寝室は寝るだけなので、ベットさえ置ければいいということで4.5帖に思いきり絞りました。本当は大きな4.5帖もある「夢のウォークインクローゼット」がなければ通常通り6帖でもよかったんでしょうけど^^!

4.5帖の寝室を作って実際に住んでみて思ったのは、寝室は4.5帖で十分だということ。

ダブルベッドとシングルベッドを置いて、家族4人で寝ています。
丁度良いサイズですよ。

また、窓は高い位置に設置しています。プライパシー重視ですね。
物凄く落ち着きますよ。

ではでは、今回はこれでおしまいです!!
結構、ブログのルームツアーは色々と省略して書いたので、
Youtubeバージョンの方が詳細書いているかもです!


◦河浪宇宙の各種SNSは こちら から…!

The following two tabs change content below.

河浪 宇宙(Uchu Kawanami)

あおぞら不動産の工務、設計、広報係で二児のパパです。 年間15棟の新築住宅を建てている経験を皆様へ共有できたらと思います! 家のこと、カメラのことを中心に記事にしていきます。

2 件のコメント

  • こんにちは。
    実家を建て替えることになり、色々とローコストハウスや工務店、家に関するブログを読みあさってたところ
    こちらのブログに辿り着きました。
    おうちのテイストがどストライク、仕様説明が明瞭で
    考え方もすごく納得、と すごくすごく参考になります。
    また色々な記事を楽しみにしております。

    • 嬉しいです!なかなか更新できないでいますが、今後も記事更新頑張ります!
      Youtubeのほうも是非、ご覧くださいませ~!

  • ほたる へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA