Iphone11 proがスゴイ。一眼レフはもう不要?

この記事は5分くらいで読めます。

こんにちは!長崎県西彼杵郡時津町の丸亀製麺さんの向かい側にある、あおぞら不動産の工務を担当しています。河浪 宇宙(かわなみうちゅう)です!  

Iphoneの新作であるIphone11、Iphone11 pro Iphone11 pro maxの3つが発表されました。 (2019年9月20日に発売のようです。)

今回は、普段ミラーレス一眼を使用している僕がIphone11 Proに焦点を当てて話をしていこうかと思います。

続きの記事 【徹底比較】Iphone11? pro? どれがいい?【値段とか違い】もご覧ください。

先に個人的な結論から

・今まで一眼レフでしか撮れなかった絵がIphoneでも撮れるようになってきた

・一段階上の写真を求めるならやっぱり一眼レフ

・携帯性を求めるなら絶対にIphone11

・Iphoneだと相手が緊張しないし、街中の撮影だと悪目立ちしないからいいよね

三眼が気持ち悪いと話題のIphone11

確かに僕もデザイン的によろしくないな~と思いました。
でもこの3眼(トリプルレンズ)によりできることがグッと広がりますよ~

1.超広角レンズ(焦点距離13mm F2.4)

created by Rinker
¥84,986 (2021/01/16 21:33:51時点 楽天市場調べ-詳細)

3眼の一つ、Iphone11から搭載される超広角レンズ
fujifilmのレンズだと8万円もするレンズがついているぞ・・・!?

おそらく、Iphone11での大目玉。

今まで一眼レフカメラじゃないと撮れなかったような写真が撮れる。
アタッチメントなしで風景写真や集合写真、そして飲み会なんかでの暗く狭い室内でも撮れるようになっちゃうね~。

2.広角レンズ(焦点距離26mm F1.8)

左:広角レンズ 右:超広角レンズ

広角レンズだけどIphoneにおいては標準レンズ。

広角レンズと呼ばれる焦点距離26mmのレンズは今までのIphoneのカメラの画角とほぼ同じ広さで撮影ができる。カメラの世界ではこの画角は広角と呼ばれている。

fujifilmのレンズだと4,5万くらいかな。

3.望遠レンズ(焦点距離52mm F2.0)

カメラの世界では標準レンズと呼ばれる部類だが、Iphoneにおいては望遠レンズ。Iphone11には非搭載で、ProとProMaxにだけ搭載。

52mmという焦点距離は僕がミラーレス一眼を使うときによく使っているレンズとほぼ同じです。人間が目で見た映像に一番近い写真が撮れる。

これが焦点距離52mmのレンズで撮影した写真です。
目で見た映像に近いので、リアルなその場の雰囲気を届けられるよ~。

普段ミラーレス一眼を使っている僕が一番すごいと思うところ。- 携帯性が段違いすぎる。

旅行に行きますと。風景、ポートレートなど色んなバリエーションの写真撮りたいなぁ。とりあえずレンズ全部もっていこっと。。。

ミラーレス一眼で旅行に行く場合

総重量ざっと1.5kg

結構かさばる

レンズ交換めんどくさい

Iphone11で旅行に行く場合

重量188g

超広角、広角、標準レンズ搭載

ポケットにおさまる

>で、でもIphoneは夜の撮影に弱いから…ほ、ほら?夜撮ると粒々が出るじゃん?

夜の撮影モード「ナイトモード」を搭載

暗所での撮影になると、自動でナイトモートがオンになるという。

このナイトモードが一眼の暗所撮影とまた違ったメカニズムで撮影されていまして、複数枚の写真を撮影し、使えそうな写真だけ合成を行い、シャープな部分を融合し、コントラスト調整と色の微調整やノイズを消去してディティールを際立たせて 完成するんだそう。

ナイトモードの欠点

複数枚の写真を合成して出来上がるとのことなので、動体の撮影には不向きだろうと思う。その辺はさすがに発売前なのでいい情報しか書いていないが、恐らく動体撮影は厳しい。

でもそもそも夜間の風景撮影や夜の食事会での記念撮影などに使うことが多いかと思われるので問題ない。

フレーム外のプレビュー機能が便利そう

上の写真でいうところの、明るい部分が実際に撮れる範囲で、暗い部分が切り取られるフレーム外ということになる。

何が便利かというと、被写体である人、車などがフレーム内に入ってくる前にIphone画面の中で動きを事前予測してシャッタータイミングを図れる点。

これが超広角レンズを搭載したことにより可能になった点です。
ちなみに当たり前ですが、超広角レンズを使用する場合にはそれよりも広いレンズがないので、プレビュー機能は使えません。

何気に凄そうな4画面同時撮影

FeilMic Proアプリと3眼レンズの組み合わせにより、4画面同時撮影ができるようになったそうだ。

左上が超広角レンズ、右上が広角レンズ、左下が望遠レンズ、右下が内カメ

今までならカメラを2台、3台用意する必要があったものをIphone1つでできるようになった。今のところあまり凄さを実感できないが、なんかすごそう(笑)

例えばインタビューされる人の顔アップの表情、引きの表情、体全体と周辺の雰囲気の画、インタビュアーのリアクションを同時撮影ができるってこと。

すごいクリエイティブな映像がつくれそうだが…今のところはピンとこない(笑)

自動で背景を切り取ってくれるモードがすごい。

映えないスポットでの撮影にもいいし、本気で家族撮影する分にも背景を準備しないでいいし… 何気に便利だな~

そういえばもう一個あった!女子的メリット

超広角レンズの恩恵!自撮り棒なしで複数人での自撮り
これは女子的には大きいのではないでしょうか?

でもやっぱりカメラが好き

やっぱり撮れる絵は一眼のほうが一歩上だし、何よりカメラの機械的なデザインであったり、シャッター音であったりが大好きなので、Iphoneで撮る気には今のところはなれないかなぁ。

でもやっぱり持ち運びを考えたときに大勢の人はIphone11に軍配が上がると思う。それほどに今回の超広角レンズ搭載は大きい。今までパノラマ撮影で何とか撮っていた写真なんかもボタン一つで撮れるんだから。

それでも僕はIphone SE。

僕のIphone生活は高校3年生、2008年の時に始まりました。当時ガラケーが主流だったところで、おそらく僕が高校で最も初めにスマートフォンであるIphone 3Gを入手し、鼻高々に使っていました。

当時画面に触れると動作が起こるというのが革新的で、友人が感動していたのを覚えています。

球を転がしてゴールまでたどり着かせるアプリなんかもあって、Iphoneを傾けると球が転がっていくというガラケーには絶対にない動作なんかにもすごく感動していましたね。

丸みを帯びたデザインで、とても素敵でした。

それからIphone3GS、Iphone4,5,6あたりまで使用し、Iphone SEに定着しました。

コストパフォーマンス、サイズが一番いいかなぁ~と思っています。
今のスマートフォンは大きすぎる。。。

Iphone SE2が出るなんて噂もあったりして、楽しみです。

>こんな記事を書いといて、後日Iphone11を買ってみた!使ってみた感想!という記事がアップロードされる可能性もあるのが河浪宇宙の怖いところ。

あ。。。11、予約しちゃいました(笑)

2019年9月19日 13:53 11をネットにて予約しました(笑)
Iphone11についてブログに書いた時間、約5時間。これだけ書いてたら欲しくなりますよ。。。

SEが老朽化したのと、超広角が建築にかなり強いから。。。

いや~発売日が楽しみだゾ!!!


ではでは、現場からは以上です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時津町、長与町周辺を中心にカフェ風のかわいいお家を手が届きやすい価格帯で
建てています。

中古住宅の売買、リフォーム等、住宅に関すること全てお任せください。(賃貸を除く)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■あおぞら不動産 LINE @登録お願いします。
(販売情報を先行配信致します。)

■お家を見たい方・住まいのご相談をされたい方

■現在販売中の物件情報

■施工事例を見たい方

■あおぞら不動産のinstagram

■河浪 宇宙のInstagram

The following two tabs change content below.

河浪 宇宙(Uchu Kawanami)

あおぞら不動産の工務、設計、広報係で二児のパパです。 年間15棟の新築住宅を建てている経験を皆様へ共有できたらと思います! 家のこと、カメラのことを中心に記事にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA